About Us

気功スクールについて

伝承された伝統気功

   気功とは、「気を練る、気を養う、気を用いることに工夫する」ことである。ここで言う「気」は、空気の気でも、天気の気でもなく、生命エネルギーとしての「元気」を指す。古くから語り伝えられてきた「病は気から」という言葉、意味は「元気」が人の健康・生命を左右するというものです。私たちの一般的常識である「元気は飲食から摂取する」との認識に、「元気は自然・宇宙からも摂取できる」との認識を加え、実践することが気功の真髄です。

   長い歴史を持つ中国には多くの気功流派が存在します。その中で金信敬代表が伝承された伝統気功【武当太乙鉄松派法門】と【九真上古無為法】の一部を紹介します。

武当基礎内功

①六大動功 ②寒山七式 ③三才桩 ④玉環桩

専修内功

①太乙混元球 ②太乙十三桩 ③混元一気

九真修真密法

①小練形十八式 ②大練形三式 ③太乙元明功八式 
④九龍環循環法 ⑤太素練形法(座・臥) ⑥元明開脈法(舞) ⑦臥功三式

   気功修練の目的は、疾病の予防及び疾病の治癒、健康の維持・増進を目指すことであり、身体(肉体)を鍛えることを心(精神)の昇華につなげることです。つまり、心身を鍛えて健康を保つことで、自信を取り戻し、生存能力(体力+脳力+心力)を高め、豊かで幸せな人生を送ることです。
本スクールでは、伝統気功の内容を中心とした「生活健康法」の講習を行います。

kakunin title

kakunin message